<クラウドを活用した小規模太陽光発電監視サービス「Venus Solar」を新発売> http://u.xsm.jp/WbPl #太陽光発電 #発電監視 #改正再エネ特措法
ホーム > プレスリリース > クラウドを活用した小規模太陽光発電監視サービス「Venus Solar」を新発売 English PRESS RELEASE (サービス) 2015年4月21日 富士通株式会社 クラウドを活用した小規模太陽光発電監視サービス「Venus Solar」を新発売 太陽光発電所を一元管理し、発電状況の見える化と運用を支援 当社は、クラウドを活用した小規模太陽光発電監視サービス「FUJITSU Intelligent Society Solution Venus Solar(フジツウ インテリジェント ソサエティ ソリューション ヴィーナスソーラー)」(以下、Venus Solar)を開発し、太陽光発電事業者およびメンテナンス事業者向けに4月21日より販売を開始します。 本サービスは、太陽光発電事業者が保有する小規模の太陽光発電所を対象に、太陽電池パネルを束ねるパワーコンディショナー(以下、PCS)( 注1 )単位の発電量データを、PCSに接続した監視装置から1分ごとに収集し、クラウドで一元管理することが可能です。これにより、従来の発電所単位で監視するサービスに比べ、PCSごとのきめ細かい発電状況の監視を行うことができます。収集された発電量データから、「発電量低下」「発電停止」「他PCSとの相関比較による異常」を検知し、発電異常のアラートをメールで管理者へ通知するため、機器故障や発電トラブルの早期発見が可能となります。 [関連リンク] Veuns Solar 太陽光発電システムは、太陽電池パネルと、パネルからの電力を変換し束ねるパワーコンディショナーなどにより構成されており、それらのシステムは様々な環境的要因などにより障害が発生する可能性があります。また、運用年数が経過するとともに、発電性能が低下する事例も見られます。そのため、太陽光発電事業にとって早期の障害検知は、機会損失を防ぐ重要な役割を担います。 当社はこのたび、小規模の太陽光発電事業者向けに、発電状況を細かに監視し、様々な分析から異常を検知する「Venus Solar」を4月21日より提供します。 本サービスの特長 1. 分散された発電所の発電状況の詳細を一元管理 「Venus Solar」は、各発電所のPCSに接続された監視装置の情報を、高セキュリティ、高信頼を誇る当社のパブリッククラウドサービス「FUJITSU Cloud IaaS Trusted Public S5」にデータを集約し、分散された発電所の発電情報を一元管理します。集約された電力情報は、発電事業全体、発電事業単位(プロジェクトや投資ファンドなど)、発電所単位の様々な観点で発電状況の確認が可能となります。また、時間別・日別の発電実績量をグラフ表示するほか、保守担当者に発電監視業務に必要な情報をレポート形式でまとめる機能も提供します。 2.様々な異常を検知するアラート機能を実装 太陽光発電は、立地や季節、気象状況により、発電量が大きく影響されるため、各発電所に合わせたアラートのしきい値を設定する必要があります。そのしきい値を基準に、「発電量低下」「発電停止」「他PCSとの相関比較による異常」を当社独自のアルゴリズムにより検出し、異常発生の際にはメールにて即時に発電事業者と保守担当者へ通知します。 3.運用保守の履歴を蓄積しナレッジとして活用 発生したトラブルのステータスを管理することにより、監視業務でのワークフロー運用が可能となります。また、入力した対処作業の状況や内容を蓄積することで、今後の保守作業での活用が可能となります。 販売価格および提供時期 製品名 販売価格 (税別) 提供時期