#自然エネルギー の雇用効果は原発に負けないレベルだ。 #太陽光発電 #地熱発電 #風力発電 #洋上風力発電 #波力発電 #潮力発電 #バイオ燃料 #木質バイオマス #再生可能エネルギー 分野の雇用者数が2016年世界で980万人に http://www.afpbb.com/articles/-/3130869
インド北部パンジャブ州のファジルカ郊外で、太陽光パネルの設置を行う作業員(2015年2月6日撮影)。(c)AFP/NARINDER NANU 写真ギャラリーをみる 【6月8日 AFP】再生可能エネルギー分野の世界の雇用者数が、2016年は980万人と2012年の500万人超から約2倍に増えたことが分かった。アラブ首長国連邦のアブダビ( Abu Dhabi )に本部を置く国際再生可能エネルギー機関( IRENA )が先月発表した年次報告書「再生可能エネルギーと雇用ー年次レビュー2017( Renewable Energy and Jobs – Annual Review 2017 )」で明らかになった。 IRENAのアドナン・アミン( Adnan Amin )事務局長は「コスト低下と有効な政策により、IRENAが最初の年次評価を行った2012年以降、再生可能エネルギー分野における投資と雇用が徐々に増えていった」と述べている。 IRENAによると再生可能エネルギー分野の雇用が多いのは、ブラジルや中国、ドイツ、インド、日本、米国。 中国での昨年の雇用者数は346万人で、前年比で3.4%増加した。また世界の再生可能エネルギー分野における雇用者数のうち、アジアが62%を占めている。アジアではマレーシアやタイをはじめ再生可能エネルギーのプロジェクトが増加している。 アミン氏は「再生可能エネルギー分野での雇用者数は、2030年までに2400万人に達し、化石燃料分野での雇用減少数を相殺する水準を上回り、世界の経済のけん引役になると予測している」と強調している。(c)AFP