知らないと損! 野立て #太陽光発電 で #架台 の地上高を高くするメリット5選 #岐阜県 #愛知県 #三重県 #滋賀県 http://sorasapo.com/times/j1701-groundclearance
知らないと損!野立て太陽光発電で架台の地上高を高くするメリット5選 あなたは野立て太陽光発電の 地面から太陽光パネルまでの高さ(地上高) が 非常に重要 ということをご存知ですか? 地上高は、細かい部分なので、 軽視されがち ですが、 設置後に後悔 をしてしまうかもしれません。 今回は、太陽光発電所の地上高を高くすることによるメリット・デメリットを記載します。 低い地上高で設置してしまうと、20年間という長期事業期間の中で あらゆる問題が発生して損をしてしまう かもしれません。 現在、野立て太陽光発電を検討中の方は是非お読みください。 野立て太陽光発電の地上高とは、画像の通り、 地面から太陽光パネルの一番低い部分までの距離 です。 地上高は 60cm程度が一般的 ですが、中には 10cm 程度で設置している場所もあります。 ソーラーサポートセンターでは、 80cm以上を推奨 しております。 ソーラーシェアリング架台やカーポート架台といったパネルの下に人や物が出入りすることを想定された架台は地上高が2m以上確保されていることもあります。 地上高は太陽光発電所の設置場所や 用途によって 大きく異なります。 今回は、ソーラーシェアリングやカーポートで使用する架台ではなく、 一般的な野立て太陽光発電所 で架台の地上高を高くするメリット・デメリットを記載します。