放棄された太陽光発電所をどうするかについて自治体は検討してるの? 増水や土砂崩れのとき、これが要因で被害拡大するかもよ。 #太陽光発電 #倒産 #土砂崩れhttp://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1707/21/news025.html
3期連続の増加。前年同期比50%増で、市場環境の変化が鮮明に。 東京商工リサーチが2017年7月12日に発表した調査結果によると、2017年上半期(1~6月)の倒産は45件に達し、過去最高を更新した。これまで最多だった前年同期の30件を15件も上回り、2014年同期から3期連続の増加となった。 倒産した企業の負債総額は165億2500万円と、前年同期を6.2%下回った。2016年上期の負債額が大きかったのは、2016年3月に新電力の日本ロジテック(東京都)が負債約120億円を抱え、銀行取引停止処分を受けたことが原因としている。 2017年上半期の最大の倒産は、太陽光発電モジュール製造販売のZEN POWER(福岡県)で、負債額は52億円。2017年上期全体の負債総額は、既に2016年1年間の68.1%に達しており、負債も前年を上回る水準で推移している。 負債額別では、倒産45件のうち1億円以上5億円未満が最多の20件、負債1億円未満が21件となった。前年同期は、負債1億円未満の倒産は全30件うち12件だった。負債の小型化が進んでいることがうかがえる。 倒産原因は「販売不振」が最も多く、22件と全体のほぼ半数を占めている。次いで「事業上の失敗」が6件、「運転資金の欠乏」が4件、「他社倒産の余波(不良債権発生)」が2件と続く。