岐阜市の中京ソーラーです。改正FIT法で20kW以上の野立て #太陽光発電 に掲示が義務からされた標識についてソラサポブログに記事を投稿しました。 太陽光発電 の標識(看板)設置の完全ガイド|ルール・書き方・選び方... http://fb.me/8VMLZfMlI
– 太陽光発電 2017.10.1 太陽光発電の標識(看板)設置の完全ガイド|ルール・書き方・選び方 20kW以上の太陽光発電(屋根設置を除く)に義務化された標識(看板)の設置ですが、記載内容や仕様についてなど、多くの質問が寄せられます。 「保守点検責任者って、誰の名前を書けばいいの?設置業者の名前?」 「どんな材料が標識がいいの?取り付けたらそれでおしまい? 」 「個人情報を書くのが不安・・・」 記入項目はそれほど多くありませんが、いざ用意しようとすると意外とわからない部分がありますね。 この記事を読めば、全11項目を何に基づいて記入したらよいのか、いつまで掲示しなければならないのか、変更があったときどうしたらよいのか、標識を掲示することで起きる変化の実例など、太陽光発電の標識に必要な知識が幅広くわかります。 正しく記入した標識を掲示して、あとあと指摘や訂正の要求を受けないようにしましょう。 1.太陽光発電の標識(看板)設置義務化 10の基本事項 太陽光発電の標識については、他の項目と共に事業計画策定ガイドラインに記載されています。 記載されている内容を表にまとめました。 ※詳しく知りたい場合は 事業計画策定ガイドライン第2章第2節4.周辺環境への配慮 をご覧ください。 基本的な事項 内容(概要)