太陽光発電システム保守点検 オランジュ 会社案内 - http://goo.gl/alerts/zCHG6 #太陽光発電
$ご苫iliiL」9ijJ1l菫j# 太陽光発電システム専用OO&ⅣM |総総合合カタログ Z017年9月版 必然となる O&Mを目指して ⑪⑲ 認識 復|旧曰 維持 予防 園 い さ つ O&Mの確立を園指す! 弊社は、太陽光発電システム専門会社「りようしんメンテナンスサービス」として2011年4月に発足しま した。前身となる会社の「メンテナンス事業部」から数えるとO&M会社としては業界最古となります。 パッケージだけが先行するO&M事業の中で、誠実に技術構築を追い求めています。2015年には、不具 合調査研究を目的とした「テクニカルセンター」を京都に開設致しました。これはお客様の発電所では自由 な研究調査が壮|来ないためですが、今では弊社以タトに様々な機器メーカーや技術剛体に活用いただいて おります。 そして2017年にはM&Aを期に社名を「オランジュ」に変更致しました。社名の由来は、O&M技術の ターゲット、つまりレンジを定めたい。だから「O&M-RANGE」。しかし、太陽光発電システムのO&Mはま だまだ技術的に確立していないため、メンテナンスの「M」を取り除き、「O-RANGE」としました。そのまま 読むとオレンジですが読み方をちょっとオシャレにフランス読み。ロゴは太陽とオレンジをイメージし、一 皮剥けて成長できるようにとデザインしました。 近年では、様々なガイドラインの作成、技術研究'2|体との合同調査、開発業務と少しでも業界に貢献で きるように励んでおります。 今後もオランジュ株式会社を宜しくお願い申し上げます。 オランジュ株式会社代表取締役社長/技術責任者 太陽光発電検査協会理事/技術顧問 日本太陽光発電架台認定機構理事 清水拓也 S O-MNeE オランジュ株式会社 1 Op21`E1tlon&lvlalntgllanGロo&MlM1i筒ソj夕1コツ -- 》」 鍔O再RANGlEオランジュ陳式会社 0 回回発M電所 毎にきちんと対応ができていますか, = 戸 = 点検 ④監視 ④補償 ④ オプション 特殊計測機器露点槍 発配量や消囚緬力な 自然興害補償幻鯵曜 洗浄防雷対策随草 を行い4妻ステム,璽澱 些壱オリジナル⑫鞍髻『 らず、塑年間Lu力保証 対策・鵬害鋤策・防犯 態臺麿謝し雷iiP・ ネーヅ画Iiiiにて霜かU 設備機器15年撮保証 爵霊藝鯛鱸な撒々 必要遼場萱に瞳駆滕 やすく表示します。 10割IMI露総合保証 意オプシ琴ナルrあな つけサーピズト部荷 発報メールや回けつ 修理取付交換費無料と た⑩勇電霞IWi薑最彌迩 憐)薯ご鋤願い薩證は 勵鷺ど壷襄⑫サー;ビス 充実⑭扉ブターサポー 状禰腫撰室震ず。 まず。 でサポート数Lま訂-. 1劃です。 、 二 且 し 精密点検はなぜ必要? 保安管理だけじゃダメなの? 巡回点検って本当におこなわれてる? 事故原因がわからない1 報告書の内容がわからない! もっと効率の良いメンテはないの? 侭露 ユ  ̄こ |MHⅢ||陸 「発電所毎それぞれしあった提案が必要なのでは」 トラブルの予防。対策には原因調査が必須 トラブルの後、予防や対策はとれていますか?そもそも事故原因の特定はできていますか?パッケージサービ スのマニュアル点検だけではただの現状報告に過ぎません。問題を理解し適切な対策をとるには明確な原因調査 が必須となります。 オランジュは点検技術の研究開発に今後も注力し続けます 実際の発電現場では様々な制約もあり、長時間の調査は困難です。弊社では少しでも知見を増やすために不具合 検証サイトを京都にオープンしました。他にも研究団体や技術会社の皆さんと研究目的で全国に調査に伺ったり、 点検の完成型を目指しております。 2 鼠 調 査 内容/対応に満足してますか? 縞鬮隠 樮]  ̄ |R検査 鰯:! 電路探査 鰻 己- --…_:f曇 ! その機器を避択したことに技術 赤外線カメラの正しい使い方を なぜバスパーやコネクタライン インピーダンス測定をなぜ行って 的根拠はありますか?本当に 理解してますか?ただホツト の電脇探査をしてるのか理解し いるのかわかりますか?バイパ 理解して使用してますか? スボットを探してませんか? てますか? スショートって知ってます? バイパス検査 璽 日々、新たな不具合問題が発生するなかで、特殊検査機器で計測を行わないと分 からないことは沢山あります。様々な計測器メーカーが新モデルの機器開発を n.諄み 行っておりますが、大切なのは単一の計測器で判断せずに複数の計測器で判断す ることです。つまりクロスチェックが重要となります。それらの計測結果を用いるこ とで、新たな点検マニュアルの構築が可能となります。 なぜ夜間測定しているかわかり ますか?開放故障って知って ますか? 穏鞘間畷 巡回園M震'-,田田 琿 議篭室 Zp4PUOい、DID ターー ̄ -戸一今一rC 嘔蝋鬮闇雪騨周溌黛屡:遜雨;臘麗綱 、O 耳頂干UTUU時JUJFm dh餌、 区利Ⅱ側灯 出冠 繊,, 。Ⅲ 可 |鼠I マニュアル通りに絶縁抵抗や接地抵 目視点検が測定点検のリスク回避 意味のある点検報告書になってます 抗を測定してませんか?意味のあ となっていることを理解されてま か?報告書ソフト開発が重要って る測定をしてますか? すか? わかりますか? 特殊機器による計測で全てが解決するわけではありません。電気事業法にのっとった汎用の電気測定もとても 重要です。近年、特に絶縁不良の設備は多くみられ、あらためてこれらの重要性が見直されています。 また、機器計測で全てが解決するわけではなく、目視でしかわからない問題もたくさんあります。巡回と言っても ただ設備内を排掴するだけではありません。経験に伴い、しっかりと問題点を考察していきます。 事業者への報告書についても弊社ではわかりやすいレポートを目指して、日々、ソフトウェア開発にも取り組んで おります。 30PBratiDn&MalntenanCEo&M騨合カタログ 』ロ恥 鯵 O-RANGE オフンジュ喰式会壮 團鬮 藍 視 売電金額が見える監視装置! | 圏掴団國団Ⅷロロ ̄|- ̄ =萱 1 I発電所 [デー毎収集装置 .|愚ヘーー_zゴ婆 《丈型モニター虻。タブAL ツト端末巴 クラウド 【 サーバー 珀-- ̄ 陰 iIIlllII1 Ⅱ 〆 millIII1 圏掴囹已囹自。、困自卜 発電状況や天気予報から算出した情報を弊社オリジナルサイネージ画面にて提供致します。 タブレット端末にも対応し、緊急時にはアラートメールが送信されます。 レポートは曰次・週次・月次・年次にて作成でき、シュミレーション値との比較が可能です。 低圧モデル・高圧モデルがあり、オプションでストリング監視機能も御座います。 IMBCF可一rU  ̄凹凸。 i1plB」U八W Ⅱ。ロ ⑨ ,蝋lMMlMW熟陽班発魑システム 224・ロ P6b0PC 罐"MIIHnWRIMnlllnWINMIl 轍四KlMl3Uqu] DIlI狼lIonIUN ;iIIl-::F;に. JM |』鞠"iiTJlllNT1oD曇 :M1獣:r};I mlIIillⅡilIiiiiliiihiiiiM 2.ヨ760『I跡ヨヨ7,613.alwilヨ.)260406J,面一 静迄パii 願W】uIBのHmWP欄木目GDWE頭彌と1,鯵pM期加。'宜碗即回 zbGFalM9I3噸説;bmII14頭蝿 「但圭PN 1uO881Ml, |iillllillmiliilⅡ 可勺 ̄丹 ̄ ̄のむつ ̄① ̄ ̄己-- ̄ ̄ ̄。 mMIIB9h冗冨Tm 1,052M1, 宮鬮鮴llIuIIp;嫌蕪鱗蟻燕撫癖蟻- 露'二『三'芒i二'三i鬘:バヂうこii5字 -- 050DmrD8091DlllI2g11BB1141化1{5G1l61T7l1H611DDH Ml 團掴園田 ル プラン 発電監視発報メールレポートサイネージ駆けつけPCS監視強銘瀞 スタンダード×× 低圧 フプロフェ゚ッショフロ゚ルフェッショブル× 言 。高圧 |… =駆けつけ業務は安心パックのプラン内容により、回数に違いがございますのでご了承ください句 11、、 4 一言. 一望』 1 1Ⅱ ⅡⅡ ,lI IIⅡ IⅡ1 1- 冊1 1 「・二二 組ⅢⅢ Ⅲ 哩唖 11 蝿川田にI 補 攪太陽光発電システム専用の鵬 保証サービスがなぜ必要か? 現在、太陽光発電設備を運営している中で、様々な問題が起きています。 故障。事故。盗難。自然災害など、復旧するには突発的な費用が必要となります。 これでは長期運用が現実のものとなりません。 弊社の保証サービスはそれらの問題を解決する補償制度です。 の画 会 ウロ 各種補償内閏容審 麺富魎願皿|麗鰯霞圃隠麺皿|温翻田圃畷魎Ⅲ 火災・爆発・落雷・風災震災・雪災・I太陽光パネルだけでなく、|我々が点検したモジュールは、 水害・飛来物損壊・衝突などの様々|システム全体の盗難事故を|長期の出力保証を付帯します。 な損害を保証します。1フォローします。 顧臓繍麗鰻|鬮隠鬮皿1畷圏醐圃鬮鰯|覺鰯圏、 点検後、不備などによる機器損壊があった 機器損壊に関わる作業費用や出張費用は、 場合、補修又は交換を行います。 全て無料です。 〈引受保険会社〉 MS&A、'三灘|主痘淘_'二 5 oPBratlOn&IvlaintEnanEEo&M駆合カタログ 「4 rL 鯵O-RANGE オランジュ磁武会社 オ 団 シ ヨ ン 鐺困りごとを相談下さい! 繩ii腿白肌罠鱸zRWInlOW認 痔繊…艫…静mmmlm,WWH】1BliBlimlmDD瞬瞬船船ロロテデ゙ツター 太陽淑惇ル用超親水防清コーティング 陸宙 鶏禦1霧轤篝lgi蘆i1座wwMmDH  ̄ lIDWIRHqIDHWmWWWD⑪i肥 R- 鱒 lMMlnmmli腿唾Ⅱ躯m躯l、mliilハイドロテッワコート -雑草による発電損失を防ぐオリジナルプランー |頚i篝i曇穰霞護礪璽i1醗K画ii鰯iiiZri重i;EiZ亘麓1【1麺才、蕊Yii?匡,亟IW鱒1露  ̄ U P-- 》》 図EaoEzlj町|l鋼lhhl8DBI供 阯剛翻, ;li繋霞IlP ̄ '1 Rutl × '卍 × 。 Cl iIiillllil鑿|iiiiii蝋醐琿 M~誌 :謹彗iPg豈麺と- 「W卍 × Ⅱ J、- 蕊; 鱒 W、蕊i讓i鷺 慣社Ⅱ ・ C ご]= j 一tⅡ几巴=八 0 唖画 ・ ・ 錘・可彗L 謁回..いIii士因 i鑿iii篝!; コスト iIFPAMい mMiniiJi 周囲い蚕L1 賃忌凹F口 蹄鶴 い 霞IiillI 殿13冊I 1M剛鋼,liiii illM MiilMN1四脚1N姪モリ |#IN`j'WIH鰯W些1Wl, 職 iiWm'iii 蝋リヨヨ可i廃衝す⑩ゼ芒認卵蔬日灘海! こび回つい危水Hfp何診力35抓尋民沖す。ご上xがソーワーiI『ごQ六郷煩GE兜危斤I含IIfO緬I式珂洗'百ルの塁坪材.IB市切O1u75U暁1『I《 ℃XI8の兀之亦猷繩し・凪定Ⅱ翌1乳臆遇リアルタイムで恩晒団MZ虫<冊駿③多〆*、逓辿剣いとしまず、マグオシ壱ムやシ」た. 設いtA閉蝿[丁。ミンヅ存Iご脚でざnJす。カリウム呵泌JY含京机ても6鉢墾水やおP水て の:仏jpは.堀田、よ嘘fnlm已夛. 植物調塵剤をおススメする56つの理由 o⑧I1i噸1のI戒側艮の戒を艮抑をえ抑てえ満てさ満さ削削蓬蓬をを行iいテい、、||パパ制制しb白RNSl鰯THl2堕…靭減0雨!U O1F1UUjjuu地l域hに域もに安も全安全なな、、個個絢絢血血罵罵のの璽品1 0土畑改画ID(鮒いののでで口口2200年年慨慨.織鱗地地藩蒋イリ用が零場に1 0土』罐始らさず緑化することによりや、大殿光の照り認通しによる地鞍CD認I風上例経潤I(発fKjlク染UP1】) 0121脚が死死滅滅辻世諏諏白鋼1;U錠IU強【璽が保/た腫れれ、、1199MM斜斜llささにも有助効I】 D0敵敗府布fするだけけCのDI剛m1H1j1Zi磁i工工I! IJZU可己1qnI21上乙』配下T凸5,2殿PiDr丁, -- サ 几 フー イ ン グ 相談歓迎! ̄  ̄ E呈劣=日  ̄-凸UIT~Ⅲ } ロ 、 P研可 lm .「11 I 談下さい! O&M事業を始めめたいけど「点検検方法」「検査機器」などがよく分からない 既に事業を開始しているるがうまくいっていない , O& Mに関する研修事業やセ七ミナーに関する事業を構築したい } 検査機器器が力わからないし ので選定し購入したい L 聾 6 』 一・〕 i 『IJ rL 鋼噸鍼 Iir織…困った譜愈 不 圓囹團事皿 集 ⑪①⑥⑤⑰⑰①⑪⑪。⑤①⑪⑪⑤⑤⑪⑤⑱⑤ロ⑤ 不具合事例の一部を紹介致します。 これらはシステムの大小問わず起きている事例です。 結果、発電量の低下だけではなく放置すると 事故にもつながります。 これらを防ぐ為にも安全な設備の維持のためにも 定期的な点検をお勧めいたします。 のロ⑨の⑧、 ̄ののロの。⑥⑤句③。。⑤⑫。 閂尹 鞍劃不不職瓢、 i1i Ⅱ順醗艤議蔓li鰯… --- ̄---一雨---1 円、与帛-==や.-_ 『モジュール表面の汚れ』 遷=…〒=薑霊園…--=--言… d由2ユヨ ロー  ̄ 太陽光発電設備で多い事例の-つです。山間部に設置されているケースで、 =_二二三 設置角度の緩いシステムでした。落ち葉以外にも黄砂や土壌が堆積しており 鴎轤静  ̄ 発電が低下していました。 魑珍よき鰻鷺繍Mii$, 発電量の低下だけではなく、モジュールの故障や、最悪の場合焼損などに 繋がる恐れがありますので早急な対応が必要です。 ハガilli書;蘂i琴1簔雪二一 【そうなる前の予防策】 ~ヨブI認 事前の設置状況の確認は必要です。また定期的な洗浄や防汚対策は必須 です。洗浄の方法も『純水』を使用した方法などがあります。誤った洗浄 ------竃=竜-,~ ̄ を行うと逆に汚れの誘因となりますので適切な方法が必要とされます。 卑 鰯不具合瓢(Zji曇 『金具の緩み。締め忘れ』 点検時に発見した事例です。 施エ時の締め忘れの場合と、微振動等による緩みが考えられま す。これらを放置すると、飛散だけではなく第三者との接触事 故にもつながりますので大変危険です。 竣エ時にアイチェックやトルク確認な そうなる前の予防策 どの入念な確認が必要とされます。 また、更なる予防策として 『ゆるみ止め剤剛』』などがあります。人為的リスクと経年リス クの 2つの面からの対応策が必要です。 その為にも定期点検がとても重要です。 7ppBration&lvlaintBnallceo&M総合カタログ P 」 二 一 14 rL 鯵O-RAuQE オランジニ嬢式会社 鰯不具鍔iiiKSii) F--」 一一 ̄ 一 「フィルターの詰まり」 とある工場内で設置されたパワーコンディショナで発生した ケースです。吸気がうまく出来ず機器内部の温度が上がり、運 転が停止してしまいました。停止中はもちろん売電が出来てい ない状態でした。状況によっては機器の発火、焼損が発生する 恐れがあります。 【そうなる前の予防策】 換気の良い所での設置が前提ですが、その他にも定期的な清掃が必要です。基本的に 取り外して清掃を行いますが、取り外せないものは吸引器等が必要となります。 `霧、 0 不具合識H麺 ,綜鱗 PI 『端子台の焼損』 ‐!司り,.,,.万万・, 産業用の接続箱で発生した事故事例です。直流側の端子台が 焼損していました。原因としては、芯線の噛み込み、不完全な 蝋: ロ 締め付け等が考えられました。今回のケースは端子台のみの交 IF 換となりましたが最悪の場合、全損の可能性もあります。それ 、 以外にも漏電、感電の恐れもあるので大変危険な状態でもあり ます。 そうなる前の予防策】 基本的な電気工事の知識は勿論の事、施工時の増し締め確認やトルク確認が必要です。 また目視や触診での確認も必要です。また経年による不具合として、端子ネジのゆるみ 具合がありますので定期点検での確認も必須となります。 鮎霜昔事例⑤弓 『屋根材の破損』 設置後1年後に発見した事例です。ユーザー様より「雨漏り がしている」とのことで伺った所、屋根の瓦が割れている状態 でした。施工時に起きている可能性と金具の接触部分の経年の 微振動で破損した可能性が考えられます。保護シートが施され ていない状態でもありました。 そうなる前の予防策 I メーカーの施工基準にのっとった正しい施エ方法が必要です。 また、モジュール設置前の確認、施エ後の確認が都度必要となります。 取り付・ける前にも屋根の状況を見定めることが重要となります。 8 一一一》肝則 織 一》 』幣一 rL rL