#太陽光 にも批判報道が増えてきたのは何故かという話。 様々な批判を教訓とすることで、#太陽光発電 市場も健全化に向かう。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00010005-nishinpc-soci メガソーラー建設、住民から苦情相次ぐ 隣接民家に強風直… https://t.co/0HsWmFtJTx
メガソーラー建設、住民から苦情相次ぐ 隣接民家に強風直撃 防風フェンス吹き飛ぶ 鹿児島・霧島 鹿児島県霧島市牧園町の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設で、県が当初許可した計画とは異なる開発が行われ、近隣住民から苦情が相次いでいる。民家が並ぶ建設地の南側に防風林を整備する計画だったが、実行されず、標高差が45メートルある北側から南側に風が吹き下ろす状況になったためだ。急きょ防風フェンスが設置されたが、4月に強風で吹き飛んだ。「台風が来たらどうなるのか」。住民は不安を募らせる。 ⇒【画像】住民説明会で示した航空写真。赤線で囲った場所が開発地域で、南側には民家が広がる メガソーラーは大阪府の業者が計画。開発区域面積は東京ドーム8個分の約38ヘクタールで、斜面だった森林を伐採し、地上から最大で20メートル以上掘り下げて造成した。パネル約7万8千枚を設け、出力17・5メガワットの発電規模になり、11月ごろ完成予定だ。 業者は建設地の南側に住む会社員男性(58)から風や騒音の苦情を受けて今年2月、高さ約5メートルの防風フェンス兼防音シートを約80メートルにわたって設置。ところが4月10日、強風で吹き飛び骨組みだけになった。 もともと住宅地との間には高木性樹木を一定割合で植栽し、森林を再生する「造成森林」を造る計画だった。しかし、計画地に岩盤があり、植栽は不可能として、業者は4月、芝生を張る造成緑地に変更する届けを出し、県は受理した。 男性は「植栽できないから仕方ないで済まされる問題なのか。県は許可に当たって風の影響を考えていたのか」と憤る。 県が林地の開発許可を出したのは2015年10月。「災害発生や周辺地域の環境を著しく悪化させる恐れがない」との条件を満たすと判断した。この条件に、強風の懸念が考慮されたのかが問われている。 計画の適否は県森林審議会の森林保全部会が現地視察などを行い、実質的な検討を行ったが、県担当者は「部会では南側民家への影響を検討する議論はなかった」と明かす。 部会長の地頭薗隆鹿児島大教授は「住民の生活環境に影響を与えないとして許可した。計画通りでなくなれば住民に説明し、対応をとらなくてはいけない」とするが、今回の変更の妥当性については「個別の案件には答えられない」と述べるにとどめた。 九州大大学院の佐藤宣子教授(森林政策学)は「植栽が可能かの確認や民家への影響は慎重に検討がなされるべきだ」と指摘する。