大規模太陽光発電所建設中止!なぜ?ー静岡県伊東市 赤の斜線にソーラーが ... 続きはこちらで>>http://ths.farmy.jp/blog/from_news/895/ #太陽光 #太陽光発電 #ソーラー #再生エネルギー #再生可能エネルギー… https://t.co/DKgWGZLW7a
反対する理由と事業者の回答を一部紹介。 静岡県伊東市は、観光業が主立っている。 伊豆高原という森林を主体とする環境が失われる懸念 事業者回答:森林を残す面積を増やし、樹木で覆うようにしてソーラーパネルが見えないようにする 土壌などの流出不安 事業者回答:調整池を作ると説明する。調整池を3カ所設置し、たまった雨水は八幡野川の許容を超えない流量に調整して放流する。 実際は茨城県では豪雨災害のときにソーラー目的調整池が流出してしまっている。 太陽光発電所の除草のために除草剤をまかれたら環境汚染も。実際は澄んできれいだった川に、開発された山から土が流れ赤くなる現象も他地域で確認されていた。海がきれいでダイバーにも評判がよい海が汚されては困る。 事業者回答:除草剤を使用しないため薬剤が川に流れ込むことはない。調整池にろ過装置を設置して泥水の流出を防ぐ