#固定価格買取制度 を見てもやっぱり #小型風力発電投資 がオススメ!他の自然エネルギーと比較してみよう #太陽光発電 #バイオマス発電 #売電価格 https://goo.gl/VFs1Nm
小型風力発電投資は他の電力投資と比べ固定価格買取制度における価格が高くメリット大 さて、自然エネルギーを活用した発電設備で発電した電力を、電力会社に買取ってもらえる 固定価格買取制度 があります。 固定価格買取制度を活用 すれば、定格出力が20kW未満の小型風力発電装置で発電した電気も、太陽光発電などと同じように一定の期間電力会社に買い取ってもらうことができます。 固定価格買取制度では、風力・太陽光発電の他にも小型水力発電やゴミや間伐材を発酵させた生成したメタンガスを利用したバイオマス発電の電力、地熱発電で発電した電気も一定の価格で電力会社に買取ってもらえるんですね。ただし発電の種類や設備の規模により、買取期間や価格が異なります。 太陽光発電の場合は、設備を設置してから最低10年間は一定の買取価格が保証されます。これに対して風力発電設備の場合には買取価格が最低20年間保証され、期間が長いという特徴があります。 尚、 風力発電設備の固定価格買取制度 は、定格出力が20kW未満とそれ以上とで買い取り価格が異なります。平成28年度における陸上の小型風力発電設備(定格出力20kW未満)の買取価格(税抜価格)が1kWhにつき55円、20kW以上の設備であれば22円、洋上に設置された設備であれば36円が適用されます。いずれも税抜価格なので、消費税分が上乗せされます! ちなみに他の自然エネルギーで発電した電力の買取価格を比較してみると、太陽光発電設備(定格出力10kW未満)の買取価格は、1kWhにつき税抜で31円または33円で、定格出力が10kWを超えると1kWhにつき税抜24円となります。水力発電の場合も14円~34円(20年間)、バイオマス発電は1kWhあたり32円~40円(20年間)、地熱発電は40円または26円(15年間)です。 このように、他の再生可能エネルギーの売電価格と比較すると、定格出力が20kW未満の小型風力発電が一番高額で買い取ってもらえる事になりますね。 太陽光発電設備は普及率が高くなるにつれて初期費用が安くなる傾向がありますが、これに伴って売電価格も設置年度ごとに安くなっています。平成27年と28年を比較すると、1kWhあたりの買取価格が2円も下げられています。これに対して風力発電の売電価格は値下がりしておらず一定です。 定格出力が10kW以上20kW未満の設備で太陽光発電設備と比較すると、風力発電の売電価格は55円で約2倍。小型風力発電は他の自然エネルギーによる発電よりも売電価格が高額であることに加えて、設備を設置してから最低20年間はこの価格が保証されているため、太陽光発電よりも投資費用が回収できる可能性が高いと言えます。 いかがでしょうか。小型風力発電の投資をするなら今、と言われるのがご理解いただけると思います。ご不明な点などございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。 無料相談・お問い合わせはこちら