リビングでDIY : DIYでプチ太陽光発電をしてみる http://living-diy.blog.jp/archives/16424317.html #DIY #太陽光発電 #日曜大工 #ものづくり #ハウツー #バッテリー
リビングでDIY リビングで生活空間のDIYライフ。 ちょっとした修理や工夫の日曜大工。 生活を豊かにするアイテムや、 便利な道具の紹介などもしていきたいと思います。 太陽の光を利用して発電するものをさします。 今回は、屋根全体を太陽光パネルで覆うような発電ではなく、 DIYでのプチ発電を目的としての記事になりますのでご了承下さい。 太陽光発電で必要なもの 太陽光パネル チャージコントローラー バッテリー インバーター 太陽光パネル 太陽の光を受けて直流の電気を発電します。 Wの太陽光パネルとワット数で表記されますが、 100Wのパネルなら、100Wの家電をすぐに使えるというわけではありません。 一度バッテリーに充電し、蓄電された電気を使います。 いろいろな大きさのものが販売されていますが、設置する場所の大きさと、 充電するバッテリーの電圧・容量とのバランスで決定すると良いでしょう。 チャージコントローラー 昼は太陽光パネルで発電した電気をバッテリーへ充電し、 夜にはバッテリーから太陽光パネルに電気が逆流するのを防ぎます。 充電方式により、PWM と MPPT の 2種類。 接続するバッテリーにより 12v と 24v の 2種類。 発電電流に併せて A (アンペア)まで対応など、数種類のものがあります。 バッテリー 太陽光パネルで作られた電気を蓄えておくところです。 12v ・ 24v で利用するものが一般的です。 自動車やトラック用のバッテリーと考えると解りやすいですね。 インバーター バッテリーに蓄えられた直流 (DC) 12V や 24V の電気を、家電で使う交流 (AC) の 100V に変換するものです。 W (ワット)対応等、消費電力で表記されています。 正弦波・疑似正弦波・無記載等ありますが、正弦波が家庭にきている交流により近いものです。 使用できる電化製品も、正弦波で無いと上手く動作しないものがあります。 消費電力に余裕があった方が良いでしょうが、太陽光パネルの発電能力や日照時間、バッテリーの容量に関係してきます。 それぞれが関係し合っているため、選択するのも結構難しいですね。 何回かに分けて、それぞれの機器を説明していきたいと思いますので、よろしければおつきあい下さい。 何処にどのように設置するかが一番重要 陽が当たる場所は勿論ですが、 台風や突風への対策。 火災を起こさない設計。 安全に楽しみましょう。 できる範囲で記事をアップしていこうと思います