【New】化石燃料とはさようなら? 中国の巨大プロジェクトが象徴する、世界のエネルギー転換 #太陽光発電 #中国 #クリーン・エネルギー #再生可能エネルギー http://dlvr.it/QDKS3g
化石燃料とはさようなら? 中国の巨大プロジェクトが象徴する、世界のエネルギー転換 中国の安徽省にある炭鉱跡地に、大規模な水上太陽光発電所が建設された。さらに大きなものも、2018年5月までに全体が完成する予定だ。 大気汚染関連死をめぐる懸念の高まりを受け、中国は再生可能エネルギーへの投資をさらに増やそうとしている。 この新たな太陽光発電所の登場は、化石燃料エネルギーからの転換という国際的な動きの一環といえよう。 中国 は世界で最もひどい大気汚染問題を抱えている国の1つだ。一部の都市では、常に厚いスモッグが空を覆い、毎年 何千人もの死者 が出ている。 2016年の調査 によると、中国の大気汚染関連死の最たる原因は、石炭の燃焼だ。調査を行った米中の研究チームは、石炭による大気汚染で2013年に36万6000人が若くして死亡したと発表した。 大気の質を改善するため、中国政府は 少なくとも3600億ドル(約39兆円)をクリーンエネルギー・プロジェクトに投資 し、2020年までに再生可能エネルギー関連で1300万の雇用を創出すると約束している。中国は太陽光、風力、水力といった 代替エネルギーにおける世界最大の投資家 の一翼を担っている。 中国の最新のメガソーラープロジェクト —— 安徽省の炭鉱跡にある巨大な水上太陽光発電所 —— は、中国をそのゴールへとさらに近づけるかもしれない。 2017年に稼動したこの発電所は、 16万6000枚のパネルを使って 、1万5000世帯に供給するのに十分な40メガワットを発電できると、サウスチャイナ・モーニング・ポスト紙は報じている。現時点で世界最大の水上太陽光発電プロジェクトであり、最長で25年間稼動する見込みだ。 中国のエネルギー企業「サングロウ・パワー・サプライ(Sungrow Power Supply)」はこの発電所を、広大な炭鉱跡地にできた湖の上に開発した。爆発によって鉱山が崩壊し、湖になったのだ。ガーディアンが指摘するとおり、 湖や貯水池の上に太陽光発電所を建設 することで、地元の農地や野生生物を守ることができる。水がソーラーパネルを冷やすことで、発電効率も高まる。 2017年12月には、中国長江三峡集団公司のグループ企業が建設を進める、さらに大規模な水上太陽光発電所が系統接続し、発電を 開始 。 2018年5月 までに発電所全体が完成する見込みだ。約10億元(約172億円)が投資されたこの発電所では、約9万4000世帯に供給可能な、最大で150メガワットの電力が生産されるという。