【記事】自民党の河野太郎 衆院議員は、九州電力が発表した「九州電力管内で今年の4月23日午後1時に、太陽光の出力が需要の76%をまかなった」ことをツイート。玄海原発の再稼働についても触れています(フィスコ) http://ow.ly/6Tx930cDpKA #河野太郎 #太陽光発電
トップ    >    記事    >    フィスコ    >   政治から読み解く【経済と日本株】自民・河野氏:九州電力管内で4月23日午後1時に太陽光出力が需要の76%を・・・ 自民・河野氏は「九州電力の発表によると、九州電力管内で今年の4月23日午後1時に、太陽光の出力が需要の76%をまかなったことがわかりました。23日九州電力管内の電力需要798万kWに対し、太陽光の最大出力は607万kWでした。しかし、玄海原発が再稼働すると、太陽光の抑制が始まりそうです。」とツイート。(6/15) 太陽光発電と一部の再生可能エネルギーと既存の火力発電の3本柱が安定すれば、原発稼動をゼロにしても電力は十分賄えることが明らかになりつつある。原子力規制委員会は14日、大山の噴火による火山灰の原発への影響は従来の想定を遥かに上回る可能性があることから(被害状況など)、関西電力に対し情報収集への協力を要請した。対象は福井県内の高浜、美浜、大飯の3原発。 関連記事 【中国】メタンハイドレート開発加速へ、商業化には15~20年必要 約8割が「不快」クールビズの28度設定 1杯のバケツが、まちの未来を変える [鹿児島・肝付町]再生可能エネルギーの供給会社を設立 [福岡・筑後市]【働く女性の注目記事】グリーンカーテンで涼風の夏を! 株式会社フィスコは、投資支援サービス等を提供するプロフェッショナル集団です。2013年4月19日に、インターネットを使った選挙活動を解禁する公職選挙法の改正に伴う新たなコンテンツ提供を発表し、各政治家の発言要約や影響分析のコンテンツ提供を開始しており、その付加価値向上に取り組んでいます。