平成30年度の産業用太陽光発電の売電単価は18円/kWh(税別) 最新!2018年 #太陽光発電 の売電価格|推移と今後の買取価格も解説 https://sorasapo.com/solar-feed-in-tariff-price-kwh #投資 #環境 #ニュース
– 太陽光発電 2018.1.17 最新!2018年太陽光発電の売電価格|推移と今後の買取価格も解説 太陽光発電をご検討されている方は、「 売電価格 」が気になりますよね。 「自分はいくらで電気を売ることができるのだろう。」 「今年度の売電価格を確保するためにはどのような手続きをすればいいのだろう。」 というような疑問をお持ちではないでしょうか。 そんな疑問をお持ちの方のために、この記事では太陽光発電の売電価格について次の 6つのポイント を記載しています。 ①2018年度の売電価格 ②売電価格が下がる中での導入費用の目安 ③今後(2019年度以降)の売電価格 ④これまでの売電価格と太陽光発電導入費用の推移 ⑤売電期間終了後の活用方法 ⑥売電価格を確保するための必要な手続き この6つのポイントをしっかり理解することで、 太陽光発電の導入で失敗する可能性も下がるでしょう。 売電価格だけに目をとらわれず、関連するポイントを理解して太陽光発電の導入にお役立てください。