アメブロを更新しました。 『売電価格を変えずに蓄電池を導入する方法』 #太陽光発電 #発電量 http://ameblo.jp/e-select00/entry-12266710253.html
エネルギー専門店 e-SELECT ブログ 新居浜市のエネルギーショールーム e-SELECTのブログです! 京セラ2.5kwの太陽光発電の発電量を記録してます。 こんばんは! e-SELECT(イーセレクト)の喜田です 最近暖かくなりましたよね アイスがおいしい。 先輩からおやつをもらいました。 ありがとうございま~す ということで 改正FIT法による、みなし認定移行手続きのタイミングで 蓄電池 の導入を考えている人が増えています そこで よくあるのが 蓄電池を導入したら売電がなくなるんじゃない? という質問です。 回答ですが、、、 FIT期間中は、いつも売電している電気を蓄電池に貯める必要はありません ですから 普通に売電していいんです ただし 売電価格が変わる可能性があるので注意です。 詳しく言うと 売電価格が変わる場合 と 変わらない場合の2パターンがあります。 そして それは設置者が選ぶことができます 蓄電池を導入しても売電契約がなくなることはないので このどちらかになります。 なので 売電がなくなる ということはありません。 まず 売電価格が変わる 場合 ですが 「押し上げあり設定」というもので 深夜の安い電気を蓄電池にためて、昼間に使うことで 日中の売電量を増やすことができます ただし 売電価格が下がります 2017年度の売電単価なら 通常の30円から27円に下がります。 売電できる量は増えるけど、単価は下がってしまうということで 昼間にたくさん電気を使う人にはお勧めですね まあでも 途中から蓄電池を導入する人には、あまりお勧めできません 次に 売電価格が変わらない 場合ですが 「押し上げなし設定」というもので 太陽光発電が動作しているときに蓄電池を動かさないやり方です。 なので 使い方は、深夜の安い電気を蓄電池にためて、日中は太陽光発電で発電した電気を使い、日が沈んで太陽光発電が発電しなくなったら、蓄電池の電気を使います この方法なら、 売電単価が変わりません 昼間は仕事で家にあまりいないという人はこちらがお勧めです 今回の件で蓄電池を設置するお客さんは ほぼ、というか今のところ全員こちらの方法で設置してます この2パターンが蓄電池の設置方法になります。 売電期間がまだ残っているのに なんで蓄電池導入するの? っていうひとがほとんどだと思いますが 売電期間中と売電期間終了後では、蓄電池の使い方が変わります 「押し上げあり設定」にしない限り、 太陽光発電で発電した電気を蓄電池にためて使うのは、売電期間終了後の使い方です。 なので 蓄電池をいずれ設置する人 には 早いとか遅いとか、時期は関係ありません。 好きなときに導入していただいてかまいません。 まあ 売電期間中に元をとれれば、あとは別に。 っていう人は、売電期間が終わる前に考えてもらえればいいかなと思います。 蓄電池は謎が多いだけに値段が高く見えがちですが いろいろと分かってきたら、まあ買っとこうかなってなります 分からないことがあったら何でも聞いてくださいね 今日の発電量 朝はめっちゃ曇ってたのに、昼から良い天気になりました。 本日の発電量、12,689Whでした。 新居浜市で太陽光発電をお考えの方はぜひ私たちにご相談ください。 e-SELECT(イーセレクト) 愛媛県新居浜市一宮町2丁目3-39 電話番号 0120-920-716 Twitterフォローお願いします♪ https://twitter.com/eSELECT00 Facebookいいねお願いします♪ https://m.facebook.com/e00select/ ホームページ本社♪ http://www.shiraishi-inc.co.jp/ ホームページイーセレクト♪ http://nagata0.wixsite.com/e-select